わたしが働いてた会社、倒産しました・・トップページ > 会社が倒産したら売掛金は回収できるのでしょうか?

会社が倒産したら売掛金は回収できるのでしょうか?

売掛金とは製造会社と販売会社の間で取引される際の支払い方法の一つで、製造会社の商品を大量に購入する際に即時現金払いではなく後払い方式で製造会社にわたるお金のことです。

過去、この仕組みがなかった時には即時現金払いが通常だったのですが、当然ながら商品の値段によっては莫大な資金が必要になることもあるため、すぐに用意できないことから流通の流れが悪くなるデメリットを解消するためにその時に購入した代金を指定した期日に支払ってもらうという形で定着したのが売掛金システムになります。


そのため売掛金は製造会社によっては経営をするうえで重要な資金源となるものですが、後払いということは、ある問題が起こると大変なことになるのです。


それは会社倒産であり、会社倒産は企業が資金繰りが苦しくなりその後の経営が成り立たなくなったときに、倒産手続きを持って会社が無くなることです。

会社倒産での問題は、製造会社とって重要な売掛金の支払いが回収できるのかどうかということです。

会社が倒産したら売掛金は回収できるのかどうかというのは、残念ながら回収はできる部分と出来ない部分というのが発生します。
そもそも先に言ったとおりに会社倒産は会社の経営が苦しくなり資金繰りができなくて発生するので、その後払いとなる売掛金の全額を払うということはできないことになりその残った部分だけ支払ってもらうことになります。

その残った部分を支払ってもらいその残りはどうなるのかというと、それは未収金という形になり損額に計上されて企業経営にとってマイナスということになります。


そのため実際に売掛金は経済を回すために必要な仕組みではありますが、こういったデメリットもあることを認識してしっかりとお互いの経営状況を見極めることが重要となります。

TOPページ