わたしが働いてた会社、倒産しました・・トップページ > 税金を滞納したら会社は倒産します

税金を滞納したら会社は倒産します

税金滞納は会社などの法人でもあり得る話です。
前年の利益などから納税額が決まるものを始めとして、土地や建物、自動車のような固定資産などにも地方税などが課税され、保有するものが多ければ多いほど税金も多くなるという話です。

この税金滞納では、督促を行い一定期間以後は滞納処分つまり差押えなどの対応を行うことができるようになります。

主要取引銀行などの口座預金などにも調査が行われます。

取引銀行側からすれば、税金滞納で預金口座を調べられるということは、税金を支払うほどの余裕もないのかという話になり、その会社は大丈夫かということで資金を引き揚げようかという話になりかねません。


したがって、できる限り税金は、滞納をせずに納期内に速やかに納税ができるようにしておくことが求められます。


税金滞納により会社倒産する可能性も十分にあり得ます。

税金が支払えないから滞納しているということですから、手元にある現金が底を突いているわけで、会社倒産の危機に瀕している可能性があるわけです。

現金預金がなければ諸事支払ができません。
いくら他の資産たとえば売掛金などが多くあっても、それだけでは納税はできないのです。

現金をある程度多く持っていなければ、経営は行き詰まり会社倒産の憂き目に遭います。

滞納をしている企業に対しては、税務調査もしっかりと行われるでしょう。
帳簿などを提出しているわけで、その帳簿が粉飾していなかったかどうか、また保有する財産があるのかないのかなども調べられます。

国税にしろ地方税にしろ、年々滞納に関する対応は厳しさを増しており、よほどのことがない限りは差押えを厭わなくなってきています。

現金などだけではなく動産にも差押えを適用して、インターネットオークションで現金に換えているという話は、この税金への補填に充てるためです。

TOPページ