わたしが働いてた会社、倒産しました・・トップページ > 社員は失業保険をいつから受けられるのでしょうか?

社員は失業保険をいつから受けられるのでしょうか?

失業保険は、離職した方へのセーフティーネットで、失業中の生活保障のために失業給付が支給されます。

失業保険の給付は、雇用保険の被保険者の期間が退職日から考えて2年間に1年以上ないと支給要件を満たしませんが、会社倒産の場合には、離職日より起算して1年以内の6か月失業保険に加入しておればよく、一般の支給手続きよりも要件が緩和されています。


また失業給付は、自己都合で退職した場合には、手続きをしてから1週間と3か月間は給付制限といって給付がないのですが、会社倒産の場合には、この給付制限がなく、手続きしてから1週間で給付が可能となります。


会社倒産で一番の難点は、事業主が行方不明になって、離職証明書という会社をやめる際の手続きがとれないことがあります。

原則では、倒産であっても会社の代理人が手続きをとってこの離職証明書をハロワークで確認後、事業主に渡して本人に通知して、犯人はそれをもって住所管轄のハローワークで手続きをしますが、この離職証明書の発行ができない場合には、どうするかと言いますと会社の管轄のハローワークに相談にいき、職業安定所長の職権で発行してもらうことになりますので、なるべく早く相談にいくといいです。


というのも失業保険は離職したつまりこの場合には、会社倒産の日の翌日から1年間でもうわないと失効するためです。


また会社倒産の場合には、年齢と雇用保険加入の期間によりますが、給付日数といって失業保険をもらう日数が、自己都合で辞めた方よも多くもらえるので、ともかく離職して離職証明書が届いたら、住所を管轄するハローワークに求職の申し込みをして失業保険の手続きをすぐしたほうが、先に述べましたとおり受給期間が原則1年間しかないのでもらえる日数が少なくならないようにするためです。

TOPページ