わたしが働いてた会社、倒産しました・・トップページ > アルバイトたちはどういった対応をすればよいのでしょうか?

アルバイトたちはどういった対応をすればよいのでしょうか?

会社倒産は、全ての従業員に影響を与えますが、アルバイトも無視する事が出来ない事態といえます。
アルバイトの身分や収入では、会社倒産の影響は正社員よりも限定的ですが、何もしなければ労働の対価である収入を受け取る事が出来なくなります。

会社倒産のケースは、事前に予告して行われる場合の他に、急に経営者が行方をくらます等のケースもあります。
経営者が会社倒産後も逃げ出さない場合は、出来るだけ早く給与の支払いを催促したり、権利を守って貰える様に働きかける事が大切です。


アルバイトの場合、簡単に辞められる事は利点ですが、会社倒産の場合は容易に諦めない事が重要になります。
企業は会社倒産を起こしても、誠実な対応を行う経営者であれば、出来るだけ給与を支払う対応は行います。

しかし、中には全く手元に資金が残らず、一銭もアルバイトに給与が支払われない場合もあります。
この様な状況では、諦めて給与を受け取る権利を放棄する方法、訴え出て会社倒産した企業と裁判で決着を付ける二種類の選択肢があります。


給与を諦める選択は、アルバイトの対価を得るチャンスを失いますが、未払い分が少なければ現実的な方法になります。

一方の裁判は、アルバイト収入は受け取り易くなりますが、労力と裁判費用によって損をする可能性を高めます。
会社倒産後、アルバイトの現実的な対応としては、倒産した企業の管財人を把握したり、連絡先を受け取って何時でも話せる状況を確保する事です。

資産の確定までには時間が必要ですが、その後は支払いが必要な部分に資産を割り当てるので、この時に給与の支払いを強く訴えかける事が効果的です。

アルバイトが複数存在する場合は、協力して管財人に訴えかけたり、共に諦めない様に行動を行う事が未払いを解消する鍵になります。

TOPページ